肥満外来は専門家の下でダイエットに取り組めます

コメントは受け付けていません

肥満外来とは何を治療するのか

肥満外来は肥満対策の病院にある通院がメインの診療科目であり、長年ダイエットにチャレンジしても全く痩せられない万年ダイエッターや暴飲暴食が祟った事によって糖尿病に罹った患者が通う事が多いです。毎日の食事・運動・日常生活の行動記録を専用のノートに記録するレコーディングダイエットを実施する病院も多く、軽肥満であっても少なくとも半年は継続してチャレンジすると健康的且つリバウンドのしない体を手に入れられるでしょう。

有酸素運動が減量への近道

肥満外来では無理の無い範囲で運動を勧められますが、ウォーキングと呼ばれる速歩や全身運動である水泳をして減量を進めるのが一般的です。ウォーキングは少し息が上がって汗をかく程度が理想的な運動強度となるので毎日歩いて自分のペースを見つけていきましょう。水泳に関しては泳ぐ以外にも歩くだけでもかなりのカロリーを消費するので、足首が痛い場合は水中ウォーキングを選択しても痩せる事が出来ます。ウォーキングも水泳も1日1時間以内が継続できるラインである事から、その時間以内の無理の無い範囲で実施しましょう。

栄養バランスのしっかり取れている食事も重要

減量は栄養バランスの取れた食事をしないと順調に進まない事から、ビタミンやミネラルが豊富な和食を積極的に食べるようにアドバイスがあります。主食は噛み応えがあってお腹に溜まりやすい玄米や雑穀米・おかずは魚や脂質の少ない肉をメインにする・大豆製品を積極的に食べてタンパク質を摂取する・海藻やキノコも欠かさず食べる事で体の中を綺麗にしながら健康的な体を取り戻す事が出来ます。パンを主食にしたい場合は全粒粉入りやライ麦入りにする事で過食を防止出来るので、たまに洋食にして食事に飽きの来ないようにしていきましょう。

肥満外来では専門家が患者に合った無理のない正しいダイエットプログラムを提案しています。そのため、体や心の負担の少ない減量が実現できます。

作成者

検索

ページトップへ戻る