短期集中型のトレーニングで成果を上げたいなら加圧トレーニングが最適

コメントは受け付けていません

トレーニングの強度を調整する

加圧トレーニングは、血流を止めることで、トレーニングの負荷を上げるトレーニング方法です。小さい力でも大きな負荷が体にかかるため、とりわけ大きいトレーニング機器がなくても、大きな効果を見込むことができます。トレーニングの負荷も人工的に調整できるため、30%ぐらいまでは負荷を上げることができます。また魅力的なのは短時間で済むというポイントです。腕も10分、足も10分程度で、それぞれを30分トレーニングしたのと同質のトレーニングになります。

健康面では大丈夫なの?

でも「血流を止めてしまうなんて怖い!」と思う人がいるのは、当然です。しかしご安心を。止めると言っても、完全に止めるわけではありません。適性な圧力をかけているだけです。これによって、負荷が大きく上がるので、だいたい20パーセントから30パーセントぐらいの負荷アップに繋がると言われています。また筋繊維をそれほど傷つけないので、回復にかかる時間も大幅に短縮されると言われています。成長ホルモンも大量に出るので、高齢の方にもお勧めのトレーニング方法です。

加圧トレーニングの注意点

ただし注意も必要です。まず素人が自分の塩梅で加圧をするのは危険です。専門のトレーナーの指示の下、適切な圧力を計算してもらうことが重要です。また加圧トレーニングに限ったことではありませんが、大きなバーベルなどを持ち上げる場合にはトレーナーの補助が重要です。普段より負荷がかかっているので、小さなものを上げるだけでも、思わぬ負荷がかかります。油断していると大事故にもつながりかねませんので、やはりジムの専門トレーナーに全てメニューを管理してもらうのが良いでしょう。

体を鍛えるために加圧トレーニングが選択肢に入るかもしれません。安くて評判のいい加圧トレーニングなら横浜で探してみましょう。

作成者

検索

ページトップへ戻る