どこまでが自分の歯か判別不能!目立たない歯の治療

コメントは受け付けていません

光るシルバーカラー。歯ではちょっといただけない

きらりと光るシルバーカラーも歯ではちょっとオシャレとは言い難いものがありますよね。バッグやアクセサリーならいざ知らず歯だけはあくまでも本来の色が望ましいものです。小さな虫歯はレジンというプラスチックのような素材で詰めるのが主流でしたがそのレジンが進化しています。以前はかみ合わせる力に負けてしまい割れてしまうことが多かったため奥歯には使えなかったのですが現在はレジンの強度が上がったりセラミックを配合したりしてすべての歯の治療に使えるようになっています。

治療したらもう大丈夫なの?

治療した歯には実は寿命があります。しっかりプラークコントロールしたり歯科医院で定期健診を受けることで多少は伸びますが永遠ではありません。歯は毎日必ず使うものであり、食事だけではなく力仕事やストレスで知らないうちに喰いしばっているものです。また就寝中も歯は噛みしめていたりして休む間がないのです。銀歯はセメント材で付いていますがセメントも経年で劣化します。また白いレジンの詰め物は経年で色が変色してしまう欠点があります。

変色しない白い歯が登場しています。

以前は経年で色が黄色く変色してしまう白い詰め物でしたが今は素材の開発が進んで変色しない素材が出来ています。また、硬質レジンには色が付かない事の他に汚れもつきにくいというメリットもあります。銀歯では固すぎて咬み合わせた相方側の歯を少しずつ摩耗させていた欠点、以前のレジンは歯よりも柔らかい素材なので欠けてしまうリスクも現在の白い詰め物は解消しています。この治療は保険外診療となっていますので金銭的なデメリットもありますが歯との長い付き合いを考慮して検討してみる価値はあります。

オールセラミッククラウンは、保険診療の差し歯よりも自然の歯に近く変色もしづらいというメリットがあります。

作成者

検索

ページトップへ戻る